miidasu

希望、可能性、才能、方法、答え、アイデア、自分自身・・・ 見出だす 全部ミイダス

デング熱 蚊に刺されないのが予防 卵が心配?なんて名前の蚊?

      2015/07/07

蚊01

蚊が奪う人の命は、年間72万5000人(WHO調べ)と言われています。日本でも69年ぶりにデング熱が発生しました。その年のデング熱の国内感染者は、162人になりました。世界では毎年1億人の患者が出ています。

スポンサードリンク

デング熱の蚊 予防するには?

デング熱の予防法は、蚊に刺されないようにするしかありません

有効なワクチンもないです。
特有の薬もないです。

そんな状況でできる予防法は、蚊に刺されないようにすること
蚊を発生させないようにすることです。


デング熱を知っておこう

デング熱は、デングウイルスに感染して発症する急性の熱性感染症です。
発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹などが主な症状です。

熱帯や亜熱帯の流行地で感染した人が日本に入り、その人を刺した蚊が別の人を刺すことで、人から人へと感染します。

日本にデングウイルスが侵入する機会は増えてきています。国際空港がある地域だけじゃなく、海外観光客が増えることで、全国的に発生する可能性もあると考えられます。完全な水際防止は難しいのです。


蚊に刺されないために

  • 長袖、長ズボンの着用が基本です
  • 肌が出ているところには虫除けスプレーが効果的です
check虫除けスプレー、安全性の観点から子供には慎重な使用が必要です。使用上の注意書きをよく読んで使用しましょう。


蚊を発生させないために

家の周りにはいろんなところに小さな水たまりができます。
小さいから大丈夫ということはありません。小さな水たまりも作らないことが重要です。
ボウフラが蚊になるまで1週間かかります。
つまり、週に1度、水たまりチェックをするだけで、発生率は下げられます
近所迷惑にもなります。
週に1度チェックすることをオススメします。


デング熱の蚊の名前なんだっけ?

主たる媒介蚊は、ネッタイシマカとヒトスジシマカです。
注意すべきはヒトスジシマカです。

ネッタイシマカ

日本には常在していません。


ヒトスジシマカ

  • 小型で黒く、中胸背板の中央に1本の白い縦線があります
  • 日本のほとんどの地域(秋田県および岩手県以南)でみられる蚊です
  • 5月中旬~10月下旬頃まで生息し、昼間に好んで吸血します
  • 飛行距離は半径50m~100m程とされていますが、遮るものが無いところではもっと飛ぶことができます

発生場所

pointヒトスジシマカは小さな水たまりを好んで発生します。
放置された空き缶、入れ物、お墓参りの花立ての水など、水が溜まる場所は要注意です。

pointヒトスジシマカは日陰を好みます。

pointヒトスジシマカは低いヤブを好みます。
公園の植木が密集している場所などは、溜まり場です。

代々木公園、なんかわかりますね。


蚊はどうやって人を見つけて刺すの?

動物が呼吸して出す二酸化炭素を察知して、蚊は寄ってきます。
中でもヒトスジシマカは、人特有の臭いに反応することもわかってきているようです。
「スルカトン」など人特有の臭いを感じ取って、人を待ち伏せすることもあるそうです。

checkチクングニア熱という感染症の、チクングニアウイルスもヒトスジシマカが運びます。


スポンサードリンク


デング熱 蚊の卵って死滅しないの?

ヒトスジシマカの卵は強いです。

蚊は種類によって違いますが、

  • 卵の期間が2,3日
  • ボウフラになって1週間
  • サナギになって3日
  • 蚊になって1ヶ月程
というのが大体の蚊の一生です。

デングウイルスを媒介するヒトスジシマカは厄介です。

ヒトスジシマカの卵は、乾燥に耐えて長く生きています。
水面近くの側壁に産み付けられて、水が来て水面下に沈むようになると孵化して幼虫になります。水が来ない場合、そのまま残って乾燥に耐えて、子孫を絶やさないようにしています。
ヒトスジシマカの卵は越冬します。

水たまりを待つということです。
恐ろしい繁殖力です。

ただ、卵によってデング熱ウイルスが次世代に伝達したという報告はまだ無いです。


まとめ

デング熱は、今まであまり流行していない場所で、突然大流行します。
温暖化の影響で、蚊の生息地域が拡大して、感染区域も拡大しています。
今年は大丈夫とは言える年など無いのです。
ヒトスジシマカには注意しましょう。

蚊に刺されない対策

スポンサードリンク

 - 暮らし ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ペットボトルの再利用 水飲むのは危険 何回か使える? 方法他には?

スポンサードリンク ペットボトルの再利用、やるとお得です。ただし、頭の中に入れて …

ワキガの職場の同僚がいます 対策は?指摘すべき?

スポンサードリンク 職場にワキガ、腋臭症の人が居るという環境。体質なので仕方ない …

お彼岸に結婚の挨拶 結婚式 招待状送るとかタブーなの?

スポンサードリンク お彼岸に祝い事を避けるという話を聞くことがあります。地域によ …

道路交通法の改正 罰金はどんな時? 高齢者や病気に関連することは?

スポンサードリンク 道路交通法改正されて、悪質自転車運転者が厳しく取り締まりを受 …

椅子の脚カバー 傷防止でずれないやつ 100均利用の作り方

スポンサードリンク 椅子にもいろんな種類があります。 ソファーのようにクッション …

自転車でイヤホン 罰金なの?片耳ならいいの?事故起こさないために

スポンサードリンク 自転車でイヤホンしていると、お巡りさんやってくるようになりま …

お彼岸にお墓参りする理由 いつ行けばいいの? 時間は?

スポンサードリンク お彼岸のお墓参り、帰ってくるように言われたんですが、行くって …

喪中はがき 時期はいつ出すのか 範囲と内容を確認

スポンサードリンク 喪中はがきは、年賀状があるかぎり欠かせないものです。正式には …

成人式のお祝いの相場 いつ渡すか お祝いメッセージの例文

スポンサードリンク 成人式のお祝いの相場を知っておきましょう。気持ちよく新成人の …

揚げ油 いつまで使える? 管理の仕方と選び方

スポンサードリンク 我が家の揚げ物率、高い時期と低い時期の周期が長いです。やり始 …