酉の市 新宿 2018の日程 屋台と見世物小屋は接待に使える

110878

新宿花園神社の酉の市は、場所が繁華街の中にあるのでなにかと便利です。
酉の市経由で、次のラウンドに入るのもスムーズです。
お祭り、人混み大っ嫌いって方じゃなければ、接待に使うのもありです。
次のラウンドの事を考えても、おすすめです。

スポンサードリンク

酉の市 新宿 2018の日程

日程

一の酉 11月 1日(木)
二の酉 11月13日(火)
三の酉 11月25日(日)

各日の前日、
10月31日(水)
11月12日(月)
11月24日(土)
は前夜祭です。

開催時間

check前夜祭
16:00頃~深夜2:00

check本祭
12:00頃~深夜2:00

場所

新宿花園神社

アクセス

電車

東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」E2出口 徒歩0分
JR・小田急線・京王線「新宿駅」東口 徒歩約7分

バス

都営バス 品97系統 新宿西口行き「新宿三丁目」徒歩約3分
都営バス 早77系統 早稲田行き「新宿伊勢丹前」徒歩約3分


酉の市 新宿 屋台経由で接待に使える

屋台たくさんあります。
日程が合えば、酉の市の屋台、接待のコースに使えます。

立地が良い

まず、新宿という場所が好都合です。
いろんな方向に電車が走っています。

関東三大酉の市の中で、駅から1番近い酉の市は、新宿花園神社です。
地下鉄の出口を出ると目の前です。
接待する相手を歩かせる距離も短いです。


熊手がいい

商売繁盛の願掛けですから、熊手をプレゼントするというのがいいでしょう。
大きい熊手をプレゼントするのもいいのですが、その後、大きい熊手を持って歩かなければいけないことも考えなければいけません。
毎年熊手を大きくしなければいけないとなると、大きい熊手はプレッシャーにもなります。

酉の市が初めてだという相手には、小さめの熊手をプレゼントして、
「熊手は、同じところから買うとか、サイズを毎年大きくすると縁起が良いと言われていますが、商売上の向こうのルールです。最終日には値段も下がります。一応縁起物なので、今よりも会社が大きくなったら、来年また来ましょう。」
というニュアンスのこと伝えて、絆を深めましょう。


屋台から次の展開がいい

せっかくなので屋台ということになれば、空腹はここでどうにかしてしまいましょう。
粉物を基本でお腹が膨れたら、周りが歓楽街です。

歌舞伎町を探検するもよし、新宿ゴールデン街をはしごするもよし、選択肢はたくさんあります。


ゴールデン街は受けがいい

新宿ゴールデン街は、フランスの有名ガイドブック「ルタード」と「ミシュラン」にも紹介されています。

昭和40年頃から、映画人、カメラマン、演劇関係者、作家、編集者というクリエイティブ系の仕事をしている人たちが多く訪れる飲食店街が、「ゴールデン街」という名で知られるようになっていきます。

ゴールデン街の常連だった作家の佐木隆三氏が直木賞、中上健次氏が芥川賞の受賞者に決定し、ゴールデン街は一躍脚光を浴びました。

そこから文化人が集う場所として強く印象付けられ、今も多くのミュージシャンや映画関係者、アーティストなどが訪れます。

そして、最近では外国人観光客に人気のスポットになっているので、ものすごく外国人が多いです。

ゴールデン街は、一軒一軒が狭いです。
小さいカウンターだけという店が多いです。
じっくり飲むというスタイルではなく、気になる店、気になる人を見つけたら、ちょい飲みに入ります。

ゲラゲラ笑って、次の店に移動します。

当然、外国人と飲めます。

以前、隣に座った外国人のお客さんと、片言の日本語と英語で、日本のアニメ談義で盛り上がったことがあります。

YouTubeでアニソンの動画を再生し、一緒に日本語で歌って楽しかったです。

日本のことを知ろうとして楽しんでいる方が多い印象なので、こちらが日本語でも楽しめる率が高めです。

昭和感漂う街の雰囲気を楽しみながら、何軒かハシゴしてみましょう。

じっくりゆっくりお食事、きれいなお姉さんみたいな流れのお約束コースが、飽きられていると感じたら、別コースのお試しチャンスです。

クリエイティブ系の方には、心地よい刺激になるはずです。

ただし、酉の市の当日はめちゃくちゃ混んでいます。

お店二軒のマスターからお聞きしました。


インパクトを残せる

小さい頃のお祭りの屋台、大人になっても覚えているものです。

お祭りって、学校の友達、家族、恋人という風に大事な人と行くことが多いです。

大人になっても、昔からの友達や、会社の近所のお祭りであれば、会社の同僚と行く事はあります。

しかし、仕事の取引先の相手と行くことってなかなかないです。
大事な人と行くイメージのあるお祭りを、一緒に過ごすのです。

酉の市で熊手をプレゼントされ、屋台で一緒に食事したとなると、その日は必ず相手の心に残る日になります。

絆が深まります。

熊手を見るたびに、酉の市の日のことを思い出します。

いい関係をずっと続けたいと思える相手ならば、熊手→屋台までの流れの時間は、考えてみてもいいところです。

スポンサードリンク

酉の市 新宿 見世物小屋は相手を選ぼう

見世物小屋は、新宿の酉の市の名物です。

強烈です。

  • やもり女
  • ロウソクショー
  • へびを食う老婆
  • 人間火炎放射器
  • 串を刺した中国人
  • 鶏を食べる女

タイトルがすでに地上波のテレビでは放送できないようなものばかりです。

相手によっては、
「1回見てみたかった」
「ちょっと興味ある」
「せっかくだから見てみようかなぁ」

と、行く気があるようなら行ってみるのもいいでしょう。

とはいえ、見た後に、

  • ドン引き
  • 失神
  • 気持ち悪くなる
  • テンションだだ下がり
ということもあります。

なかなかの確率であります。
よく考えましょう。

絶滅寸前のイベントなので、貴重なものを一緒に見ておくというのも、思い出話に花が咲きそうですが、ここは主導権を相手に渡しましょう。

テレビでは放送できないような、アウトなネタが多いです。
普通に気持ち悪くなります。
それでもいいですか?
と確認し、無理強いをしない方がいいです。

こちらは思い出作りのつもりでも、相手に罰ゲームを受けた感じが残っては接待になりません。

もちろん接待する側が気持ち悪くなっても良くありません。

新宿 花園神社 酉の市 熊手 見世物小屋


まとめ

大事な人と行くイメージのお祭りを接待に使えるのも、酉の市が商売繁盛のお祭りだからです。
熊手と屋台はおすすめです。
見世物小屋は十分に注意しましょう。

なお、この記事が原因で接待が失敗に終わっても、当方は一切関知致しませんのでご了承ください。

酉の市 浅草 2018の日程 屋台でデートのススメ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする