酉の市 浅草 2015の日程 屋台でデートのススメ

aaf8d1ca80536fba33cf74b1d851e89e_s

酉の市、商売繁盛を願うお祭りとして有名です。最近では商売やっている人じゃなくても楽しめるお祭りになってきました。11月のイベントって意外と重要です。熊手の他にもゲットすべきもの、チェックしておきましょう。

スポンサードリンク

酉の市 浅草 2015の日程

日程

一の酉 11月 5日(木)
二の酉 11月17日(火)
三の酉 11月29日(日)

開催時間

各日とも午前0時から午後24時まで
24時間です。

場所

浅草 鷲神社
関東三大酉の市のひとつです。

アクセス

東京メトロ日比谷線 入谷駅北口3番出口→徒歩約7分
東京メトロ銀座線 田原町駅→徒歩約15分 台東区循環バス「南めぐりん」運行
東武線・都営浅草線・東京メトロ銀座線 浅草駅→約15分

TXつくばエクスプレス 浅草駅→徒歩約8分

JR 鴬谷駅南口→徒歩約20分 台東区循環バス「北めぐりん」運行
JR 日暮里駅東口より錦糸町駅行き都バス千束下車徒歩2分
JR 総武線錦糸町駅北口より日暮里駅行き乗車、千束下車徒歩2分

2015年は三の酉まで行われます。


酉の市 浅草 屋台ってあるの?

屋台あります。
毎年若干の違いはあるかもしれませんが、前の章の地図のピンク色の道路に出てます。

酉の市 2014 鷲神社周辺の様子

これだけあるとワクワクします。

酉の市で熊手を買うときには、熊手屋さんと値段の駆け引きをするのが粋だとされています。最初に値段を聞いて、値切って、さらに値切って、もういっちょ値切って、商談成立。商談成立した後に、最初に聞いた値段で買い、値切った分はご祝儀として渡す。この気風のいいやり取りをすると、威勢よく手締めが打たれます。といっても、最近では1万円以上の熊手じゃないとやってもらえないようです

くれぐれも、屋台で値段の駆け引きをしませんように
酉の市の屋台で散々使われているネタなはずです。
11月の風とは違う、お寒い風が吹きます。


スポンサードリンク

酉の市 浅草 デートのススメ

昔の酉の市は、商売をやっている人のものでした。
しかし最近は、若い人向けの恋愛成就や家内安全など、商売繁盛はもちろん、若い人が楽しめる酉の市になっています。

酉の市は11月です。
12月になると、誰もが忙しくなります。
仕事によっては、デートする暇もなくなってしまいます。
11月中のイベントは貴重です。
意外と手を抜いてはいけない月なのです。

2015年の酉の市は、3日あります。
3日あれば、都合つけやすいです。
しかも、24時間開催です。
さすがに、72時間あれば何時間かは時間の都合つけられるはずです。

一の酉、二の酉は平日です。
仕事帰りにも行けます。
夜中の12時までやってますので、よほどの残業をしない限り間に合います。

24時間勤務の仕事が、全部酉の市に重なるということもすごい確率の低さです。
勤務表を自分で決めるような仕事についている場合、早めに日付を決めてしまいましょう。

仮に、相手が3日間とも24時間勤務になったということであれば、これから先のことを考えましょう。



酉の市のデートで、必ずやっておかなければいけないことがあります。

縁起物なので熊手は買っときましょう。
買わないと酉の市に来た感じしません。

それと、忘れていけないのはクリスマスのリサーチです。

  • クリスマスに会えるのか
  • クリスマスに行きたいところはあるか
  • クリスマスに食べたいものはあるか
  • クリスマスプレゼントに欲しいものは何か

この辺のリサーチは、11月中に終わらせておく必要があります。

check店の予約
checkプレゼント

などに必要な資金をキープしおかなければなりません。

これを、ボーナスが出る前にリサーチしておくことが重要なのです。
ボーナスが出てしまうと、
「無駄遣い病」
という病気を発症することがあります。

この症状を軽くするためにも、クリスマスに必要な予算を頭に入れておくことが重要なのです。

酉の市と言う、日本の伝統行事で、クリスマスの話というのは不謹慎なのかもしれませんが、熊手で最初につかまえるのは、商売繁盛、開運招福、家内安全、健康、勝運ではなく、「クリスマスの情報」なのです。


まとめ

デートの際は、くれぐれも熊手の大きさと、クリスマスプレゼントの値段を頭に入れておきましょう。
5万円の熊手を買って、クリスマスプレゼントが500円はマズイです。
なお、この記事が原因でデートが失敗に終わっても、当方は一切関知致しませんのでご了承ください。

酉の市 新宿 2015の日程 屋台と見世物小屋は接待に使える

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする