善福寺川緑地の桜 撮影場所のおすすめとバーベキュー

桜は目に染みます。心に染みます。杉並区の善福寺川緑地は長いので、ゆっくりじっくり桜が楽しめます。桜の下を散歩するだけで、1年分の元気がもらえます。

スポンサードリンク

善福寺川緑地の桜を見ると、1年頑張れる

善福寺川緑地の桜は川沿いに長く続いています。
散歩と桜をセットにするには、かなりおすすめのコースです。



check住所 
東京都杉並区成田西1-30-27、大宮1・2



check交通アクセス

  • 京王井の頭線西永福駅または浜田山駅から徒歩約15分
  • JR阿佐ヶ谷駅または京王井の頭線浜田山駅から南北バス(すぎ丸)約10分「児童交通公園」下車徒歩すぐ
  • 東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅から徒歩10分



桜を立ち止まって見上げるようになったのは、30歳を過ぎてからです。

雪国育ちなもので、桜の時期はゴールデンウィークと重なっていました。
せっかく休日のタイミングで咲いてくれているというのに、遊び盛りの小僧は、桜の花に興味を持つことなく学生生活を終えます。

桜の花を見上げること無く、東京で暮らし始め、3月末に見頃を迎えてしまう桜を何年も見逃していました。
余裕がないというか、バタついてるというか、幼いというか。

「花見」という席に顔を出すようになっても、桜を見上げることもなく。
お酒と参加者の顔にばっかり意識が向いていました。

30歳を過ぎた辺り、仕事や人間関係で、一丁前に悩みや苦しみやイライラや悲しみが重なった時期がありました。

なんか自分の居場所に疑問を感じたり、信じていたものが揺らいだり、不安定な時期でした。

そんなときに、花見に誘われました。

何度も花見には参加しているのに、初めて桜を見上げました。

満開の桜って、こんなに綺麗なんだって初めて知りました。
不思議だったのですが、見上げている自分が涙をこらえていることに気が付きました。



365日の中のわずかな日数、一斉に咲き誇る桜に、重なっていた嫌なことをピンク色に染められた感じでした。

小さな花びらは、白っぽく見えているのに、木全体はピンクに見える。

全体を見たからなんですかね?

自分に起こっている悲しみや悩みを全体で見ることができたんですかね?

なんか、全部しょうがないな~って思えました。

自分ができることやるしか無いんだから、あとはもうしょうがないな~って思えました。

なんか、桜が綺麗だからいいかなって気になりました。

いいもん見せてもらったから、頑張るしかないな~って思いました。



そして、今こうして生きているってことはなんとかなっているんでしょう。



それ以来、毎年桜を見上げています。

桜の花びらが舞っているのを見ると、嫌なことが自分の体から剥がれ落ちている感覚になります。

桜に浄化してもらって、また1年頑張ろうって思います。


善福寺川緑地の桜 おすすめの撮影場所

長く続いている善福寺川緑地、ずっと桜があるのでどこを撮影しても桜から元気はもらえるはずです。

個人的に、毎年目に焼き付ける景色があります。



善福寺川と五日市街道が交差する場所に架かる、「尾崎橋」という橋があります。
ここから北側を向いて眺める桜が、絶景です。

おそらく、毎年写真を撮影している方達をお見かけするので、ネット上にも素晴らしい写真はあるかと思います。

ここでは、桜が咲いていない季節の写真を掲載しておきます。

満開の日を想像してみてください。

ここが桜色に染まります。

右と左が桜でつながるんじゃないかってくらい、桜で染まります。
桜の枝が川にはみ出て、花びらが川に落ちます。



この方向で見ると、奥から手前に川は流れています。

川は奥がちょっと左にカーブしています。

あのカーブを曲がった先に、過去があるようにいつも感じます。
嫌なこと、悲しいことだけでなく、久しく会っていない人や、思い出してしまう人、元気でいてくれるといいなって想う人とのことが、カーブの先にある気がして毎年ここの桜を見に来ます。

カーブの奥にあるいろんなことを思い出しながら、両脇に咲き誇る桜を見て、心のザラつきを沈めて、ここから1年の元気をもらいます。



実は桜がない季節にも、ちょっと落ち気味のときにはここに来ます。
ここに来て満開の日の桜を想うだけで元気が出ます



ネットで画像検索せずに、ホンモノを見てみてください。

いいカメラで、綺麗な写真が撮影できたら、見せて頂けるとうれしいです。


スポンサードリンク

善福寺川緑地はバーベキューも楽しめます

おすすめポイントからは少し歩きますが、桜を見ながらバーベキューができるポイントがあります。

前述の尾崎橋から、善福寺川を川沿いに歩いていくと、バーベキュー場があります。

利用案内、注意事項の看板がありますが、ザーッとまとめておきます。


和田堀公園 バーベキュー広場

check住所
〒166-0016 東京都杉並区成田西1-30-27

check休日
年末年始(12/29~1/3)

check利用時間
10時00分~16時00分

check料金
無料

check利用方法
  • 利用月の1ヶ月前の午前10時から電話で利用受付します。(完全予約制)
  • 利用当日は、管理所窓口で「利用申込書」に必要事項を記入のうえ「利用許可書」と「水洗キー」を受け取ってください。
  • バーベキュー広場内では、利用許可書に記載された所定の番号の区画を利用してください。
  • 1区画の利用人数は20人程度です。
  • 「水洗キー」を使用終了後5時までに管理所窓口に必ずお返しください。
  • 器具や材料等は利用者がすべて用意してください。
check予約電話
善福寺川緑地サービスセンター 03-3313-4247

check予約受付開始時間
利用月の1ヶ月前 午前10時

check区画数
10区画あり1区画20名

check受付人数上限
受付1回につき、同日最大40名(2区画)まで

区画の番号5~10までは、ちょっと土が盛られていて高めです。



check注意事項

  • 予約制なので、事前に予約をしたうえでご利用ください。
  • 利用時間10時00分~16時00分を厳守してください。
  • 公園内への車の乗り入れは禁止です。有料駐車場をご利用ください。
  • 地面に直接火が触れる形式での火の使用は厳禁です。
  • バーベキュー広場以外での火の使用は厳禁です。
  • 詰まりの原因になるので、食材等を流しに捨てないでください。
  • 食べ残し、その他のゴミは必ず持ち帰ってください。
  • 花火やカラオケなど、周囲の方の迷惑となる行為はしないでください。
  • その他、詳細については管理所の指示にしたがってください。





桜の時期は、お花見しながらバーベキューというグループ多そうです。
開花予想日にうまく予約を取れるかが勝負になりそうです。



お花見の時期じゃなくても、休日は賑わっているバーベキュー場です。
ご予約はお早めに

バーベキューまとめリンクページ


まとめ

普段、花なんか見る余裕がないという忙しい毎日を過ごしている方こそ、1年に1度、桜を見上げることをオススメします。
春の桜に浄化されるだけで、1年頑張れるオッサンがここにいます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする