なすの皮 食べられる?栄養と選び方と皮ごと料理

一年中スーパーで購入できる「なす」。
和食にも洋食にも中華料理にも合う、万能お野菜です。
きっと、好きな人が多いはずです。

なすは冷蔵庫に常備しておけば、簡単に一品作ることができます。
今回は、なすの皮に含まれる栄養をしっかり取れるレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

なすの皮って食べられるの?

なすの皮は、食べることができます

調理方法で食感が変わります。

親戚の子が、
「なすの皮、キュッキュキュッキュって言う」
と、表現していました。

なすのお漬物を食べていたのですが、子供の表現っていいなあって思ったことあります。

ヘタは食べられないので、取ってくださいね。


なすの皮って栄養あるの?

皮にも栄養があります
なので、料理の時には皮をむかなくても大丈夫。

基本的に、お野菜類は、皮の近くに栄養がたくさんあるといわれているので、皮付きのまま調理したほうが、栄養を無駄なく取ることができます。



なすの場合、この皮に含まれる色素がポイントなんです。

なすって、きれいな紫色をしていますよね。
この色素は、ポリフェノールの一種、ナスニンと呼ばれます。

ブルーベリーと同じように、目の疲れを癒やし、活性酸素の働きを抑制するなどの働きがあるといわれています。

なので、皮つきでなるべく調理しましょう。

ブルーベリーのサプリメントがあるんだから、なすのサプリメントがあってもいいのに…。

まあ、売れないですかね。

なすは食べましょう。おいしいですから。


なすの選び方

なすは、一年中購入できますが、夏から初秋に旬を迎えます。

購入するときは、

  • ヘタがとがっている
  • 切り口が白い
  • 丸くて形が鮮やか

これらをチェックして選びましょう。


スポンサードリンク

なすの皮ごと食べられる料理って?

なすをお料理する前に、下処理の注意点もご紹介します。


下処理のあく抜きをしよう

なすは、あくが強い野菜です。
切ってから時間がたつと、切り口が茶色っぽく変色していたという経験はありませんか?
切った後、少し水にさらすことで、変色を押さえることができます。


お味噌汁にしよう

まずは、和食の定番、お味噌汁の具にしましょう。

作り方は、普通のお味噌汁と同じ。
だし汁を加熱し、1㎝角に切ったなすを加えます。
なすに火が通ったところで、お味噌を溶いたら完成!

油揚げを入れるとコクが増しますし、豆腐、ネギ、わかめ、などを加えると栄養価もUPします。
同じ夏野菜のオクラを加えるのも、おすすめです。

pointここで一つ注意!
なすをお味噌汁にすると、色素が溶けだして、色が黒っぽくなってしまいます。
それが気になる方は、皮を少しだけむいてあげるといいです。


焼くだけで一品完成!

なすのいいところは、焼くだけで簡単に一品完成するというお手軽具合。
使う油を変えたり、調味料を変えたりするだけで、色んなバリエーションを楽しむことができます。

ごま油と生姜醤油

ごま油を加熱したフライパンで、皮付きのなすを丸のままじっくり加熱します。
ふたをするのを忘れずに
焼けたら、生姜醤油を付けて召し上がれ!
さっぱりした一品の完成です。
丸のまま焼くので、時間はかかりますが、とろっと焼きなすが完成します。

ごま油と田楽みそ

同様になすを焼いたら、おでんや風呂吹き大根につけることの多い、田楽みそを付けます。
お好みでおろししょうがを添えると、よりおいしく食べられます。
余りがちな田楽みそも活用できて、一石二鳥。

田楽みそがない場合は、

  • みりん
  • 砂糖
  • みそ
を混ぜて加熱するだけで簡単に作ることができます。


サラダ油と塩コショウ

今度は、なすを5㎜くらいの厚さに切って焼きます。
すぐに火が入るので、かなりの時短になります。
焼きあがったら、塩コショウをするだけで完成!

シンプルでなすの味を楽しめます。


オリーブ油とケチャップとチーズ

こちらも、5㎜くらいの薄切りにして、オリーブオイルで焼きます。
両面焼いたら、ケチャップ、チーズをなすの上に乗せ、ふたをしてチーズが溶けるまで加熱します。

ピザ風の一品が完成です。


オリーブ油とパリパリチーズ

なすのピザ風をちょっとアレンジしてみましょう。
なすを両面焼いた後、一度取り出し、フライパンにとろけるチーズを広げます。
その上になすを並べて、加熱したら、チーズが溶けてぱりぱりに!

簡単おつまみの完成です。


皮を活かして!

なすの皮を活かして、一品作りましょう。

縦半分に切ったなすを、皮の部分1㎝ほど残して、白い部分をくりぬきます。

皮は、器として使います。

  • くりぬいたなすの中身
  • ベーコン
  • しめじ
これらをマヨネーズで和え、ナスの器に盛り付けたらオーブントースターで焼きます。

おいしそうな焦げ目がついたら完成です。
焼くときにとろけるチーズをかけるのもおすすめです。


まとめ

今回は、一年中購入しやすいなすのレシピをご紹介しました。
中華料理のように凝ったものはもちろん美味しいですが、いろんな油で焼いて、味付けを変えるだけで十分おかずやおつまみになります。
お好みの味付けを発見してくださいね。

なすは色んなお料理に簡単に使えて便利ですが、体を冷やすといわれています。
寒い時期は食べすぎにお気を付けくださいね。

皮食べられるか記事リンクページ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする