長芋の皮 食べられる?栄養と選び方 保存方法とお手軽料理

体を冷やしにくい食材と言われている根菜類、長芋を使ったレシピをご紹介します。

長芋のぬめりでかゆみが出てましう人もいるはずです。
今回は、かゆみを抑える方法もご紹介します。

冬が近づくと、女の子を悩ませるのが体の冷え。
体が冷えると、抵抗力も下がり、体調を崩す原因に。

冬はインフルエンザや感染性胃腸炎が流行る時期なので、できるだけ体を冷やさないように過ごしたいところです。

積極的に摂取して体の中から冷え対策をしたいですね。

スポンサードリンク

長芋の皮って食べられるの?

長芋の皮は、食べることができます
ひげ根があるので、取り除いてから調理してあげましょう。
もちろん、皮が気になる方はむいてくださいね。


長芋の皮って栄養あるの?

皮にも栄養があります
なので、料理の時には皮をむかなくても大丈夫。
基本的に、お野菜類は、皮の近くに栄養がたくさんあるといわれているので、皮付きのまま調理したほうが、栄養を無駄なく取ることができます。

長芋の栄養成分

長芋は、消化の良いスタミナ食材です。
胃などの粘膜を保護してくれます。

ビタミンB群、ビタミンC、カリウムなどのミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいる健康食材でもあります。


長芋の皮 むく?むかない?

消化を助ける成分を有効活用するには、生で食べる方が効果的です。

長芋をすりおろしてとろろにしたり、細切りしたりして生食する場合には、皮をむくのがオススメです。
その方が、長芋特有のねばねば感、とろとろ感を損なうことがありません。

皮をむくかどうかは、作るお料理で使い分けましょう。


長芋の皮をむくとかゆい

長芋を調理するにあたって、困ることが、かゆみではないでしょうか。
私も、長芋を触るとかゆくなる一人。

かゆみ対策には、2つの方法があります。

  • 冷凍する
  • 酢水で洗う
point冷凍すると、すりおろして使うときに有効です。ただし、食感を損ないやすいので、注意しましょう。

point長芋調理をした後は、酢水で手を洗いましょう。その後、お湯で酢水を洗い流しましょう。



check好みですが、千切りより短冊の方が食べやすいです。

正統派⁉【定番居酒屋メニュー】山芋(長芋)のたんざく


長芋の選び方

長芋の旬は、10月~12月

お店で購入するときは、太くてまっすぐに伸びているもの。
皮に傷がなく、ひげ根が残っているものを選びましょう。



checkここで少し、長芋豆知識をご紹介します。

長芋は、「やまのいも」の一種です。
山で取れるので、「やまのいも」と名付けられたそうです。
やまのいもには、いくつか種類があります。

長芋
長い棒状の芋。一番流通していて、手に入りやすい品種です。

自然薯
お食事やさんなどで、目にすることがある「自然薯」。
これも、やまのいもです。山に自生している野生種で、粘りがとても強いです。

つくね芋
関西地方に多く、げんこつのような形をしています。粘りが強く、和菓子の材料に使われます。

いちょう芋
形が銀杏の葉に似ていることからこう呼ばれます。関東地方では、大和芋と呼ばれます。


スポンサードリンク

長芋の皮ごと食べられる料理って?

食べきれないときの保存方法

長芋を食べきれない場合は、すりおろしてとろろにし、冷凍保存しましょう。

冷凍保存バックに入れて平らにならしてから冷凍すれば、使うときに必要な分だけ折って取り出すことができます。
使うときは、自然解凍しましょう。


味のバリエーション豊富なステーキ

長芋を皮付きのまま1㎝程度の厚さにカットし、ステーキを作りましょう。

油を敷いたフライパンで長芋を焼き、焼き色がついたところで味付けをします。

味付けのバリエーションが豊富なので、他のお料理に合わせて味付けを変えてみましょう。


めんつゆで和風に

焼き色がついたところで、めんつゆを絡めます。
麺つゆは、種類によって濃さが違うので、使うめんつゆが何倍濃縮のものか確認してから味付けしましょう。


めんつゆにチーズをプラス

焼き色を付けて、めんつゆを絡めた後、とろけるチーズをプラス。
それだけで一味変わります。

長芋の上にチーズをのせたら蓋をして、チーズが溶けるまで焼きましょう。
とろっとチーズがおいしい一品の完成。

チーズを、長芋の下に敷いて焼くと、今度はパリパリ食感を楽しめます。
おつまみにもってこい。


海苔で磯部焼に

焼き色を付けて、めんつゆを絡めた長芋に、海苔をまくだけで磯辺焼き風になります。


バジルでイタリアン

今度は、コンソメと乾燥バジルで味付けします。
パンチがほしい時は、粒胡椒をきかせます。


豚肉と一緒に揚げ焼き

揚げ物に抵抗がある人も、揚げ焼きの方法なら、ハードルが下がります。

ステーキの時より少し多めに油を使うことで、揚げ焼きが完成。

長芋を1㎝厚さの輪切りにしたら、豚肉と一緒に揚げ焼きにします。

味付けは、しょうゆでシンプルに。
お好みで七味をかけたらピリ辛に。
バターを加えたら、少しこってり風に早変わり。


まとめ

今回は、冬のスタミナ健康野菜、長芋のレシピをご紹介しました。
野菜料理というとサラダを思い浮かべるところですが、寒い時期は長芋などの根菜を上手に使って、体の中から冷え対策をしましょう。

皮食べられるか記事リンクページ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする