プチブロックでピカチュウ ナノブロックの作り方で必要なのは?

プチブロックは100均のダイソーに売っているブロックです。
動物や車、お祝い系などのセットがあります。
100円なので、ついついいろいろ買ってしまいます。
これだけあれば、ピカチュウとかつくれるんじゃないかな?

スポンサードリンク

プチブロックでピカチュウってできないもんか

プチブロックは見つけたときに一気にたくさん買ってきました。

さらにダイソーに行くたびに、持ってないものを買い足しています。

これだけブロックが揃うと、いろいろ作ってみたくなります。



トラのセットと、キリンのセットを見ていて、黄色と茶色のパーツが増えたことに気づきました。

黄色と茶色。

ピカチュウだ。

これだけパーツがあれば、きっとできるはずだ。



ネットの画像で、ブロックでできたピカチュウを探してみました。

ん?

結構大きいのか?

裏側どうなってんだ?

結構パーツ使うっぽいなあ。

大きいな。

ポケモンなのに、ポケットに入らないんじゃないか?

そういうもんじゃないのか。



う~~~ん。

我慢できない。



ナノブロックのピカチュウ、買ってこよ。


プチブロックでピカチュウ ナノブロックの作り方だと何が必要?

なんかタイミングよく、ナノブロックから小さいサイズのポケモンのセットが発売されていました。

これがサイズ感がいいんですわ。

大きさというか小ささというか。



ポケモンだけにポケットに入りそうなサイズ。

パーツも少なくて済みそう。

パッケージを見る分には、すごく良くできている感じです。



問題は、何が出てくるかわからないんです。

12種類のうちのどれかが出てきますって販売方法です。

ピカチュウを狙って買えないのです。



どうやら箱ごと買えば、一気にコンプリートって情報だったのですが、ピカチュウだけ欲しい・・・。



ということで、2つだけ買ってみました。

12分の1を狙って、2つ買いました。

当たりました!

見事にピカチュウ出てきました。

(ちなみにもう一つはフシギダネでした。)


さて、これをダイソーのプチブロックで作るとしたら、トラとキリンのセットで大丈夫かな?

ということで、パーツを整理してみました。


必要なパーツ

黄色の2×3 10個
黄色の1×3 10個
黄色の直角3ポッチ 7個
黄色の1×2 8個
黄色の1×1 4個

茶色の1×3 4個
茶色の1×1 3個

黒色の1×2 4個

白色の1×1 2個

赤色の1×1 2個


必要なセット

  • トラ 1セット
  • キリン 2セット
  • インコ 1セット
  • フクロウ 1セット



うそーーん

トラとキリン、1セットずつだけじゃ足りませんでした。

微妙なんですよねー。

赤色パーツがトラとキリンのセットには無い色です。



予備パーツでうまいことできる可能性もあるのかもしれないです。

我が家にあった動物系のセットで探してみたら、この組み合わせになりました。

違う組み合わせもあると思われます。

我が家は車系のセットが少ないんですよね。

家にあるものではこの組み合わせでした。

5セットです。


スポンサードリンク

プチブロックでピカチュウの作り方

ようやくプチブロックで作れますよー。

画像と、画像加工がへたくそですけど、いきますよー!



まずは、

check画像の左

黄色の2×3 2個
黄色の1×2 2個

check画像の右

黄色の2×3 1個
黄色の直角3ポッチ 1個
黄色の1×2 1個
黄色の1×1 1個
茶色の1×3 1個

矢印のポッチを合わせて組み立てます。



こうなります。



出来上がったものを右側に置いて

check画像の中央

黄色の直角3ポッチ 3個
黄色の1×2 1個
茶色の1×3 1個
茶色の1×1 2個

check画像の左

黄色の2×3 2個

赤矢印を組み立ててから、青矢印を組み立てます。



こうなります。



出来上がったものを右側に置いて

check画像の左

茶色の1×3 1個
茶色の1×1 1個
黄色の2×3 2個
黄色の1×3 1個

矢印のポッチを合わせて組み立てます。



check画像の中央
茶色の1×3 1個
黄色の1×3 3個

こんな形に組み立てます。


出来上がったものを、先程まで組み立てていたものと、赤星のポッチで合わせて組み立てます。



出来上がったものを右側に置いて

check画像の中央

黄色の2×3 1個
黄色の1×2 2個
赤色の1×1 2個

check画像の左

黄色の2×3 1個
黄色の1×3 1個
黄色の1×1 2個
黒色の1×2 2個

まずは中央、矢印のポッチを組み立てます。



さらにその上に矢印のポッチを組み立てます。



こんな感じ。



出来上がったものを右側に置いて

check画像の左

黄色の2×3 1個
黄色の1×1 1個
白色の1×1 2個

矢印のポッチを合わせて組み立てます。



出来上がったものをひっくり返します。

足の部分を組み立てます。



check画像の左

黄色の1×2 1個
黄色の1×3 2個

矢印の凹みを合わせて組み立てます。



出来上がったものをひっくり返します。



耳を組み立てます。

check画像の左

黄色の直角3ポッチ 2個
黒色の1×2 2個

赤矢印のあとに、青矢印で組み立てます。



ピカチュウっぽくなりました。

あとは尻尾です。



黄色の1×2 1個
黄色の1×3 3個
黄色の直角3ポッチ 1個

矢印のポッチを合わせて組み立てます。



出来上がったものを尻尾の位置に付けます。



完成です。



ナノブロックのピカチュウと大きさを比べてみました。
向かって左がナノブロック、右がプチブロックです。

プチブロックがちょっと細めで大きめです。



ちょうどいいフィギュアがあったので、並べてみました。

かわええですな。

うまいことできてます。

大きさもいい感じです。



これはナノブロック買って正解でした。

組み立てていく過程で、どの部分を作っているかわかると、なるほど~と声が出てしまいました。

一つ出来上がると、他のも欲しくなってしまいました。



まとめて全部買っても良かったかなと・・・。


さいごに

ブロックはパーツの数が多ければ多いほど、いろんなものが作れます。

プチブロックが100円で買えるのは、パーツをたくさん揃える点ではありがたいです。

100円だと、同じキリンを2つ買うのも躊躇せずに買えます。

いろんな種類が増えて欲しいです。

ダイソーのプチブロック再販されてた 作り方見てレゴもやったった

レゴのミニフィグ 足がゆるゆるに 分解してちょっと改造

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする